メン恋ぶろぐ

恋愛心理学とファッションのブログ

恋愛で顔や外見はどれだけ大事なのかを明らかにした研究

恋愛の話をするなら絶対に避けて通れないのが

「見た目」「外見」「顔」についてです。

 

もちろん見た目がすべてじゃないにしても、

実際に見た目の影響力はなかなかすごいのです!

なので今回は残酷な「結局顔でしょ論」を証明するようなものをめちゃめちゃ紹介したいと思います。

 

今日のメニュー

 

 

 

コンピュータデート実験でわかった外見の重要性

 まず、最初は

ミネソタ大学のウォルスター氏の1966年の研究

 

これは「コンピュータによって性格の合う人を選ばれその人とパーティを共に過ごしてもらいます」と伝えられペアをつくられますが、実際は単にランダムにペアが組まれています。

 

そして2時間のパーティの後に

「もう一度同じ相手とデートしたいか」を聞くと性格(性格検査の結果)や高校の成績よりも

外見的魅力に左右されることがわかりました。

 

相関係数という-1~1であらわされて、どのくらい関係あるかわかる数値は男性0.36、女性0.44でした。

って言われてもピンとこないと思うのですが要するに「なかなか外見が関係ありそうだ」って感じの結果だと思ってください

 

さらに外見的魅力が高い人は相手から「もう一度デートをしたい」といわれるものの「相手とデートしたい」とは思わないことが分かりました。

これはなんとなくわかりますが

イケメン、美女は相手に求めるレベルも高い

ということでしょう。

 

 

続いて

マイケル・ルイス氏の1990年の研究

これは先ほどとほぼ同じコンピュータデート実験です。

その結果は

もう一度デートしたい理由一位は外見で相関係数は0.89

これは「もうめちゃめちゃやばいくらい外見が大事」って感じの結果です。

 

つまり一貫して外見的魅力は超大事ということです。

 

ちなみに第二位は興味が一致していた、社会性(コミュニケーションスタイル)の度合いが一致していたというものが一応ありました。

 

しかし、ウォルスターらのようなコンピュータデート実験では「自分に合った」人とペアにさせられているのだから、拒否されにくくもう一度デートしたいと言いやすいのではないかということを考えました

 

拒否される可能性が高いと理想を下げる?

ウォルスター氏の共同研究者でもあった

バーシャイド氏の1971年の研究

今度は「相手がデートをするかを決める」という条件で

「デート相手を選択させる」実験を行ったところ、

魅力度の高い人はより魅力度の高い人を選択する傾向がありました。

 

またこの実験では相手が拒否できる条件と拒否されない条件がありましたが結果の差はありませんでした。

 

さらに

松井豊・山本真理子氏の1985年の研究

こちらでも、男子大学生に10人の女性の写真を見せて「デートに誘いたい」と思うかどうかを調べています。

その結果でも相手が自分の誘いを受け入れてくれそうか否かはあまり関係なく、相手の美しさだけが重要な要因になっていました

 

つまり魅力的な人には振られる可能性が高いからといって手の届きそうな人と付き合いたいとは思わないのです。

そして誰とデートしたいか、もっと言うと誰と付き合いたいかはやっぱり魅力的かどうかが一番大事なのです。

 

ただ、注意しなきゃいけないのは

これは出会ったばかりの2人の恋愛関係についてであるということです。

初期の段階では見た目が良いというのはらかなり強い武器になります。

しかし、それは長期的な関係でも必ずしもそうだとは限らないということです。

長期的な関係についてはまた別の機会に。

 

 まとめ

・見た目はとりあえず初回から次のデートにつなげるためには重要

・人間なかなか理想は下げない、妥協しない

・初期の段階で見た目が重要ということがわかっただけで、長期的な関係で見た目が重要であるということにはならないので「見た目がすべて」というわけではない

 

参考文献

Walster,E.,Aronson,V.,Abrahams,D.,&Rottman,L.(1966).Importance of physical attractiveness in dating behavior.Journal of Personality and Social Psychology,4,508-516.

Berscheid,E.,Dion,K.,Walster,E.,&Walster,G.W.1971 Physical attractiveness and dating choice :A test of matching hypothesis Journal of Experimental Social Psychology,7,173-189.

松井豊・山本真理子(1985)異性交際の対象選択に及ぼす外見的印象と自己評価の影響 社会心理学研究,1,9-14.