メン恋ぶろぐ

恋愛心理学とファッションのブログ

失恋の心理学、失恋の傷から立ち直る方法

「誰しもが人生で経験する挫折である失恋」

胸が張り裂けそうになり、何度も何度も後悔を繰り返し、ときには自分を傷つけるような行動を起こしてしまいます。

 

そんな失恋からどうしたら立ち直ることができるのか。

失恋とは何なのか調べている心理学の研究を今回は紹介します。

今日のメニュー

 

別れた直後はどんな気持ちになるのか…

上越教育大学の宮下敏恵教授と斉藤純子氏による2002年の研究

異性と付き合い、

別れたことがある大学生124人に調査

 

失恋時に感じる感情や行動を

①後悔・悲痛

②未練

③怒り・回避

以上の3点に分類し、

 

さらに関係の進展度を

1)デート、キス、プレゼント

2)恋人として友人に紹介する

3)結婚について考える、婚約する

以上の3段階に分けました

 

その結果

後悔悲痛の気持ちと未練は失恋前の進展度が大きいほど大きかったのです!

しかし怒り回避は進展度とあまり関係ありませんでした。

また別れを切り出されたほうが後悔・悲痛・未練・怒り・回避全て大きいことが分かりました。

 

関係が深くなるほどに、別れた時が辛くなるし

振られた方はもう感情の波に飲み込まれちゃう

という結果です。

次の研究は海外のものです!

 

ベルン大学の2017年の研究

この研究では約9000人の男女を対象に全員の私生活を3年にわたって追跡調査

男女の関係が崩壊した場合、

その精神的なダメージから

完全に立ち直るまでは平均で1年かかることがわかりました。

 

また、心へのダメージの内容は、

主に「自尊心」

であることがわかりました。

 

立ち直った後で

メンタルが強くなった、考え方が大人になった、失恋から得た教訓を、対人関係に活かせたと成長を感じている人もいました。

 

このように失恋には立ち直ったあとにはポジティブな面も存在するものの、失恋直後には自尊心が低まり、自分のことを嫌いになってしまったり、自分のことを大切にできなくなったりしますし、立ち直るまでがしんどすぎるのが問題です。

ということで次は、

失恋からの立ち直りの研究を紹介します。

 

失恋からの復活方法

東洋大学の加藤司准教授の2005年の研究

この研究では失恋経験のある大学生425人を対象にして調査したところ

失恋への対処方法を以下の3つに分類できました。

①回避行動 

「次の恋を見つけようとした」

「スポーツや趣味に打ち込んだ」など

②拒絶行動 

「相手の人のことを考えないようにした」

「相手を見返す方法を考えた」など

③未練行動 

「関係を戻そうとした」

「二人の思い出の品を眺めた」など

 

以上の3つのいずれかを行い、

その後のストレス反応

抑うつ、不安、怒り、混乱、疲労感)と

失恋のショックからの回復期間との関係を分析

 

回避的行動をとるほど

ストレスが小さく回復期間が短くなりました。

 

拒絶や未練行動は

ストレス反応が大きくなり、

回復期間も長くなりました。

 

さらに

恋愛感情が強かった人ほど未練行動も多くなりました

これが熱愛の崩壊に伴う傷が大きく、かつ回復にも時間がかかることの原因だと思われます。

 

ミズーリ大学の2017年の実験

失恋したばかりの24人を対象に行われました

全員に4パターンの失恋回復方法を指示

①「あいつは最低の人間だ」と前の恋人を悪く言う

②「彼(彼女)に未練があるのはしょうがないこと」と自分を慰める

③何か自分が楽しいことをしたり、思い出さないようにする

④ただ待つ。心の傷が癒えるまでただひたすら何もしない

 

しばらくしてから全員の気持ちを元恋人の写真を見せてテストしたところ結果は以下のようになりました。

 

「ただ待つ」以外は、すべて失恋の痛みをある程度だけ下げまひた

①は過去への未練を減らしたが、

不愉快な感情が増しました

②は過去への未練や現在の感情には影響をもたらしませんでした

③は過去への未練を変えなかったが、

現在の感情を幸福にさせました

 

○今日のまとめ

  • 失恋は関係が進むほど辛くなる
  • 振られた方は全ての感情が爆発
  • 失恋後は自尊心が壊れる
  • 立ち直ると強くなる
  • 無理に拒絶したり、未練タラタラのままだと幸せになれない!
  • 回避的な行動が立ち直りやすい可能性がある。少なくとも幸せになれる

 失恋についてはこちらの記事にも書いています。

menkoiblog.hatenablog.com